住まいのニュース

2019年8月19日

第2四半期の日本の事業用不動産投資額は8610億円 CBRE調べ

 CBREは8月15日、19年第2四半期の投資市場動向、第64回「不動産投資に関するアンケート―期待利回り」の最新調査結果を発表した。  19年第2四半期の日本の投資市場において、事業用不動産の投資額(10億円以上が対象、土地取引およびJリートのIPO時の取得物件は除く)は対前年同期比60%増の8610億円を計上した。第2四半期の実績としては、05年調査開始以来4番目に大きい水準となった。  一方、東京の期待利回りは全アセットタイプで低下、調査開始以来の最低値を更新した。地方都市のオフィス期待利回りも5都市(大阪、札幌、仙台、広島、福岡)で過去最低を更新した。 [ 2019年08月19日]
2019年8月19日の他のニュースを見る
19年度宅建試験 申込者数が前年から約1万人増加
7月の都心5区オフィス空室率、14カ月連続で1%下回る  三幸エステート
賃貸不動産経営管理士試験の受験申し込み開始 管理士協
小田急電鉄・小田急不動産、新宿エリアで傘シェア
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 Jutaku-s.com