住まいのニュース

2019年8月6日

住宅展示場を「VR」化、大手ハウスメーカー参画 ギガプライズなど

 ギガプライズ、エイトノットアンドカンパニー、ナーブは8月10日に、大手ハウスメーカーのモデルハウスを360度VR(仮想現実)で体感できる「イオンハウジングVR住宅展示場イオンモール幕張新都心店」(千葉市美浜区)をオープンする。  現状のモデルハウスを取り巻く環境は、情報収集の方法が多様化し、来場者数の減少、展示場の運営コストの負担増など、大きく変化している。今回、3社は、そうしたハウスメーカーと来場者にある課題を解消し、効率的に各社の住まいを見学できるようにした。出展するハウスメーカーは、旭化成ホームズ▽積水ハウス▽大和ハウス工業▽東京セキスイハイム▽パナソニックホームズ▽ミサワホーム▽三井ホーム(50音順)となる。 [ 2019年08月06日]
2019年8月6日の他のニュースを見る
8月に共働き家族の支援強化でキャンペーン 旭化成ホームズ
近鉄不など5社、大阪ベイエリアで330戸
営業支援ツール「プロポクラウド」が経産省の?IT導入補助金?対象に
森ビル参画の「虎ノ門・麻布台地区第一種市街再開発事業」8月5日着工
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 Jutaku-s.com