住まいのニュース

2019年6月19日

ドローンとAI技術で工場・倉庫・住宅の損害調査 エアロボティクス

 エアロボティクス(本社・イスラエル)は、東京海上日動火災保険と連携し、ドローン(無人遠隔操作飛行機)で撮影した複数の画像をAI(人工知能)で解析し、損害調査から修理費の算出まで行う取り組みを開始した。当面は企業が所有管理する工場や倉庫などで採用するが、今後、個人の住宅などの被害に対しても同取り組みが応用できるのかを検討していくという。  従来は損害鑑定人による調査で通常1カ月程度掛かっていた保険金の支払期間を大幅に短縮する。同時並行で調査できるため、広域災害発生時にも対応が可能となる。 [ 2019年06月19日]
2019年6月19日の他のニュースを見る
全日、原嶋和利理事長が再任で3期目に 「全日は全国一つ」
「三井ガーデンホテル福岡祇園」が6月27日にオープン
AI家賃査定を試験導入、全国拡大へ 大東建託×東京大学
空き地対策モデル調査、支援対象決定 2次募集も開始 国交省
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 Jutaku-s.com