住まいのニュース

2019年6月12日

海産物を新幹線で運び、とれたてで提供 JR東スタートアップとフーディソン

 JR東日本の子会社でベンチャーへの出資や協業を推進するJR東日本スタートアップと水産物の卸・小売業のフーディソンは6月11日、新幹線を利用した鮮魚輸送の実証実験を行った。  佐渡沖で取れた南蛮海老や岩手県宮古市のウニをそれぞれ上越新幹線、東北新幹線で輸送。東京駅から品川駅までは物流トラックを使い、夕方にJR品川駅の駅ナカ施設「エキュート品川」で販売した。  11日は、朝、それぞれの産地で収穫。ウニは午前7時半、エビは午前9時半に出発し、東京駅に午後2時台に到着、その後、販売現場である品川駅には午後3時45分に着き、店頭に並んだ。従来はトラック便で2日間は掛かるところ、輸送時間は7時間程度で済む。朝とれたての新鮮な海産物が食べられるとあって、通りがかりの多くの人の注目を浴びていた。 [ 2019年06月12日]
2019年6月12日の他のニュースを見る
イタンジの入居申込ウェブ受付システムを導入へ 大東建託
日本財託 「家族信託」契約累計100件突破
買い取り宣言書付き住宅を販売開始 ケイアイスター不
賃貸2物件にスマホ収納サービス 三菱地所グループ
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 Jutaku-s.com