住まいのニュース

2019年4月19日

災害時の仮設住宅建設に関する協定を岐阜県と締結 木住協

 日本木造住宅産業協会は4月17日、災害救助法に規定する応急仮設住宅に関する建設協定を岐阜県との間に締結した。これは地域防災計画に基づき、木造住宅による応急仮設住宅を迅速に建設するための協力体制を確立するもの。建設可能戸数は岐阜・愛知・三重・静岡の中部地域において、1カ月間で約500戸を見込む。  今回の締結により、木住協単独で各府県との間に同協定を締結するのは、福岡・熊本・神川・山形・大阪・愛媛に次いで7件目。複数の団体による建設協議会等への参画を含めると9件目となる。 [ 2019年04月19日]
2019年4月19日の他のニュースを見る
不動産エバリュエーション事例でコンテスト 不動産流通推進C
小学生が将来なりたい職業 男子は「野球選手・監督」、女子は「パティシエール」 日本FP協会調べ
インド・ニューデリーに新規出店 エイブル
小田急不、東京都港区の1棟リノベ高級分譲マンション完売
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 Jutaku-s.com