住まいのニュース

2019年4月18日

4カ月連続でマイナス 首都圏3月の賃貸成約 全エリアで減少

 アットホームの調査によると、3月の首都圏における居住用賃貸物件成約数は2万5750件で、前年比13.5%減となり、4カ月連続のマイナスとなった。成約の4割超を占める23区が同17.3%の大幅減となったことをはじめ、全エリアでマイナスとなった。中でもマンションの不調が目立ち、4エリアが15%を超えるマイナスとなっている。  エリア別に見ると、東京23区は1万498件で前年比17.3%減。東京都下は2478件で同12.8%減少。神奈川県は7415件で同8.0%減。埼玉県は2658件で同7.5%減となった。千葉県は2701件で同18.6%減。昨年夏から回復傾向が続いていた埼玉県は、居住用賃貸全体ではマイナスとなったものの、アパートは4カ月連続のプラスと堅調に推移している。  成約物件の戸当りの賃料指数は、マンションは新築が104.8で前月比2カ月連続上昇。中古は88.4で同3カ月ぶりの上昇。アパートは新築(93.3)が同3カ月ぶりの上昇。中古(96.2)は前月の下落から上昇と反転した。 [ 2019年04月18日]
2019年4月18日の他のニュースを見る
18年度首都圏中古マンション成約 過去最高に 東日本レインズ 
18年度の首都圏マンション供給、2年ぶり減少 不動産経済研調べ
上智大学の国際学生寮を管理受託 学生情報センター
博多駅前で用地取得、新ホテルを20年12月開業予定 アパG
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 Jutaku-s.com