住まいのニュース

2019年3月26日

三菱地所、英国で大規模オフィスビル開発

 三菱地所は、英国ロンドンで大規模オフィスビル「(仮称)8Bishopsgate」の開発計画を着工した。英国子会社の三菱地所ロンドンを通じて実施。同計画は、同社が保有する隣接2棟のオフィスビル「6-8 Bishopsgate」と「150Leadenhall Street」を一体で建て替えて、51階建ての超高層オフィスビルを建設するもの。3月22日に現地で起工式を行った。賃貸可能面積は、約2.8倍に拡大する見通し。竣工は22年末を予定している。  同計画は、金融機関などが集積するシティの中心部に位置する。建物は高層(基準階面積約750平方メートル)、中層(同1300平方メートル)、低層(同1700平方メートル)とエリアで異なる面積のオフィススペースを用意し、幅広いテナント層へ対応が可能。また、環境面にも配慮し、英国の建築環境評価BREEAM認証のExcellentを取得する見込み。 [ 2019年03月26日]
2019年3月26日の他のニュースを見る
売りたい街1位は2年連続で「平塚」 リビンマッチ調べ
新日鉄興和不 3月末、「日鉄日本橋ビル」竣工
将来の住まいは「都市部」が約6割 全宅連「住まい方の意識トレンド調査」
イオンハウジングネットワーク加盟店を大阪で フォーメンバーズ
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 Jutaku-s.com