住まいのニュース

2019年3月25日

18年度「なでしこ銘柄」に選定 ホームビルダーでは初 ケイアイスター不

 ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市、塙圭二代表取締役)はこのほど、経済産業省と東京証券取引所から18年度の「なでしこ銘柄」に選定されたと発表した。  「なでしこ銘柄」は、女性活躍推進に優れた上場企業を「中長期の企業価値向上」を重視する投資家にとって魅力ある銘柄として紹介することで、企業への投資促進、各社の取り組みを加速化していくことを狙いとしている。  同社では、17年6月に創立後初となる女性取締役が就任、また、働く女性を応援するコミュニティとして、同年12月に「ふどうさん女子」イベントを設立。毎月一回開催し、不動産業界と問わず働く女性が交流を深める場を提供している。同社では、「女性管理職の輩出などに取り組みつつ、社内だけでなく、社外の働く女性を応援できる観光整備や意識改革に努めていく」としている。 [ 2019年03月25日]
2019年3月25日の他のニュースを見る
森ビルと横須賀市、まちづくり基本協定を締結
三菱地所Gの温室効果ガス排出量 50年までに87%削減を目標化
武蔵コーポ、業容拡大で浜松支店を開設
大阪市、市有不動産の売却先を公募型プロポーザルで募集
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 Jutaku-s.com