住まいのニュース

2019年3月15日

東急電鉄 電話やチャット、メールで住まいと暮らしの無料相談

 東京急行電鉄は、東急線沿線で展開する電話やチャット、メールでの住まいや暮らしに関する相談に無料で対応する新サービス「東急電鉄 住まいと暮らしのコンシェルジュ コンサルティングデスク」の運用を4月1日から開始する。同社は、住まいに関する無料相談店舗「東急電鉄 住まいと暮らしのコンシェルジュ」を09年から開始し、現在は東急沿線駅前の5店舗を展開している。今回、来店が不要な専用デスクを開設。店舗と同様に、宅建士や建築士などの資格者が相談に応じる。  電話やチャットの受付時間は10時から19時まで、メールは24時間受け付けている。電話やチャットは相談時間の上限を30分程度とする。店舗での相談は年間延べ約1万件に達している。将来的には、AI(人工知能)による相談を含めたサービスの充実を検討する。 [ 2019年03月15日]
2019年3月15日の他のニュースを見る
新社長に平川清士氏 三菱地所ハウスネット
不在時の荷物受け取りが可能なメール便対応ポストを発売 三協アルミ
JPIが6月6日に「四谷駅前地区市街地再開発」テーマにセミナー
大阪駅徒歩圏にGとして西日本最大級のホテル用地を取得 アパG
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 Jutaku-s.com