住まいのニュース

2019年3月15日

大阪駅徒歩圏にGとして西日本最大級のホテル用地を取得 アパG

 アパグループは3月14日、JR大阪駅から徒歩6分、大阪メトロ東梅田駅から徒歩2分の場所で、約3200平方メートルのホテル開発用地を取得したと発表した。取得会社はアパホーム。  同開発用地では、地上31階建て、総客室数1500室超の高層タワーホテル「アパホテル&リゾート梅田駅タワー(仮称)」を開発する計画で、22年末の開業を予定している。開業すれば、同グループとして西日本最大客室数のホテルとなる。 [ 2019年03月15日]
2019年3月15日の他のニュースを見る
新社長に平川清士氏 三菱地所ハウスネット
東急電鉄 電話やチャット、メールで住まいと暮らしの無料相談
不在時の荷物受け取りが可能なメール便対応ポストを発売 三協アルミ
JPIが6月6日に「四谷駅前地区市街地再開発」テーマにセミナー
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 Jutaku-s.com