住まいのニュース

2019年2月8日

申し込み可能な住宅ローン商品を自動判定、提案サポート 「ARUHI タスカル」がスタート

 アルヒは2月7日から、営業担当者が顧客へ住宅ローン商品の提案を行う際のサービスツール「ARUHI タスカル」の導入を始めた。  これは、ユーザーが来店または電話で問い合わせた際に、借り入れ希望金額、年齢、年収などの基本情報を入力するだけで、同社の住宅ローン商品ラインアップから、申し込み可能な商品を自動判定するもの。商品の詳細を紹介するパーソナライズド動画も自動作成することができ、ユーザーは判定結果から割り出された情報やローン返済額をPCやスマートフォンで動画閲覧できるため、じっくりと住宅ローン商品を検討できるようになる。  また、営業担当者は外出先でも住宅ローン商品の提案書が作成できるため、より早く効率的な営業活動が可能になるという。 [ 2019年02月08日]
2019年2月8日の他のニュースを見る
バンコク店を新規オープン エイブル
2月16日に調布市で「住まいと空き家の利活用フォーラム」 ミサワ
「ノクリア」Xの新テレビCMを2月10日から放映 富士通ゼネラル
三井不、京都の三井ゆかりの地にラグジュアリーホテル
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 Jutaku-s.com