住まいのニュース

2018年12月6日

11月の中古戸建て、首都圏は4カ月ぶりに下落 東京カンテイ調べ

 東京カンテイ(https://www.kantei.ne.jp/)がまとめた11月度の新築戸建て住宅の平均価格(木造・所有権物件/土地面積100平方メートル以上300平方メートル以下)によると、首都圏は前月比6.6%プラスの4201万円、近畿圏は同4.4%プラスの3147万円、中部圏は同1.2%マイナスの3010万円と、首都圏は4カ月連続の上昇、近畿圏は2カ月連続上昇、中部圏は3カ月連続で下落した。  また、中古戸建ては、首都圏は同2.0%マイナスの3587万円、近畿圏は同2.2%プラスの2650万円、中部圏は同5.1%マイナスの2174万円と、首都圏では4カ月ぶりに反転下落した。近畿圏では2カ月連続上昇、中部圏では2カ月連続で下落した。 [ 2018年12月06日]
2018年12月6日の他のニュースを見る
アットホーム 学生向け賃貸情報アプリをリリース
世田谷で宅配ボックスの受け取り実態の実証調査を開始 パナソニック
トーセイ、北陸銀行の環境評価融資で資金調達
戸建て向けシステムバスルームに床ワイパー洗浄機能を搭載 TOTO
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2018 Jutaku-s.com