住まいのニュース

2018年11月16日

大開口と耐震性を両立する「高耐力コア」で特許取得 LIXIL住研

 LIXIL住宅研究所アイフルホームカンパニーは11月14日、自社で開発した耐震構造「高耐力コア」に関して特許を取得したことを発表した。  「高耐力コア」は、耐力壁に使用する構造用面材をコア状(四角形)に組むことで、コンパクトでありながら、最大8倍相当の高い壁倍率を確保するもの。耐力壁をバランスよく配置することが可能で、木造軸組工法では難しかった最大6メートルの大開口の確保と、耐震等級3相当という高い耐震性を両立する。  特許番号は特許第6401513号で、登録日は18年9月14日となる。 [ 2018年11月16日]
2018年11月16日の他のニュースを見る
東京建物とスペースマーケットが業務提携
サ高住で脈拍最新測定機器を実証実験 ジェイ・エス・ビーなど
プロロジスが京都府で初の物流施設開発、11月15日に竣工
10月の首都圏マンション供給、2カ月連続増加 不動産経済研
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2018 Jutaku-s.com