住まいのニュース

2018年9月25日

4割が「実家が空き家になる」 スマイスター調べ

 不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するリビン・テクノロジーズはこのほど、「実家が空き家になる可能性」について調査を行った。  これによると、可能性が「ある」が30.4%、「既になっている」が9.7%で、実家が空き家になると答えた人は約4割に上った。  「もし、実家が空き家になったらどうするか」と聞いたところ、「まだ分からない」が39.8%、「売却する」が32.8%、「親族に住んでもらう」が11.9%、「賃貸に出す」が7.4%だった。  この調査は8月下旬から9月上旬まで、全国の30歳以上の男女247人を対象にインターネットで行った。 [ 2018年09月25日]
2018年9月25日の他のニュースを見る
「安心R住宅」8団体目に全国住宅産業協会
開店40周年記念でリニューアル、限定商品販売など 東急ハンズ渋谷
賃貸情報サイト「ウチコミ!」、奈良県で入居者募集開始
窓に2時間でシャッターを付ける、リフォーム商品発売 YKKAP
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2018 Jutaku-s.com