住まいのニュース

2018年9月21日

3カ月連続で減 首都圏8月の賃貸成約 全エリアで減少

 アットホームの調査によると、8月の首都圏における居住用賃貸物件成約数は1万4080件で、前年比6.1%減となり、3カ月連続でマイナスとなった。  エリア別に見ると、東京23区は、6710件で前年比1.3%減。東京都下は1124件で同20.9%と二桁減。神奈川県は3572件で同3.1%減。埼玉県は1213件で同22.1%減と6カ月連続で二桁減となり、同17カ月連続の減少となった。千葉県は1461件で同4.8%減となり、全エリアでマイナスとなった。ただ、東京23区、都下、千葉県の減少は前年増の反動によるもので、減少幅は前年の上昇幅を大きく下回っている。 [ 2018年09月21日]
2018年9月21日の他のニュースを見る
全宅連 「不動産の日」に合わせて消費者の意識調査開始
10月に福岡市で「九州リモデルフェア」を開催 TDY3社
賃貸管理ソフトをバージョンアップ ダンゴネット
お台場に都の「五輪暑さ対策推進事業」認定の広場開設 東急不G
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2018 Jutaku-s.com