住まいのニュース

2018年8月10日

住金支援機構、老朽化マンション対応で官民勉強会

 住宅金融支援機構はこのほど、老朽化マンション問題への対応として、「マンション価値向上に資する金融支援のあり方勉強会」を設立した。参加メンバーは、管理関係団体や民間金融機関、行政の各担当者と弁護士。主にマンション共用部のリフォームローンについて、情報の非対称性解消や、民間金融機関の参入支援について検討する。来年2月までに全5回開催する。来年度はその検討結果もとに実施段階に入る計画。行政や関係団体と連携した広報活動やデータ整備、協調融資の構築などを視野に入れる。 [ 2018年08月10日]
2018年8月10日の他のニュースを見る
7月中古マンション成約数 3カ月連続で減少 東日本レインズ
賃貸不動産経営管理士試験の願書請求を8月15日から開始
ハウスドゥ 海外初出店、1号店をハワイにオープン
「BOOK AND BED TOKYO心斎橋店」が今秋オープン
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2018 Jutaku-s.com