住まいのニュース

2018年7月18日

上半期の国内商業用不動産投資額は前年同期比2%増 JLL調べ

 JLLがまとめた投資分析レポートによると、18年上半期の日本の商業用不動産投資額は速報値で前年同期比2%増の2兆2330億円、第2四半期は前年同期比15%減の7718億円となった。  同社では、第1四半期に取り引きが集中し、第2四半期の減少につながったと分析。市場における投資需要は依然として高水準にあり、取引額の拡大傾向は続いていると推計している。  同社は日本の商業用不動産投資を分析したレポート「ジャパン キャピタルフロー(Japan Capital Flows)」を8月中旬に発行する。 [ 2018年07月18日]
2018年7月18日の他のニュースを見る
スマートロック新商品「キュリオロック」、Amazon新着1位
IoT駐車場シェア事業で提携 ソフトバンク、スターツアメニティー
三菱地所が台湾で現地法人を設立、8月から営業開始
有楽町に旗艦ビル、10月に開業 ヒューリック
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2018 Jutaku-s.com