住まいのニュース

2018年7月11日

三浦市でお試し居住プログラム実施 シー・エフ・ネッツ

 シー・エフ・ネッツは、神奈川県三浦市と協働し、空き家などの活用により、移住や二拠点居住を促すお試し居住プログラム「トライアルステイ」を実施する。滞在先の物件を選ぶことが可能で、気に入れば賃貸や購入の相談も受ける。観光では伝えきれないまちの魅力を伝える。  希望者を7月23日まで受け付ける。滞在できる物件は戸建て住宅、アパートのほか、美術館も用意している。滞在には事務手数料3万円から4万円などが必要となる。定員は25世帯分。このほか、懇親会などイベントを企画している。 [ 2018年07月11日]
2018年7月11日の他のニュースを見る
クレディセゾン、西日本豪雨義援金「永久不滅ポイント」で受け付け
アルヒ、住宅ローン「ARUHI変動S」の取り扱い8月1日から開始
京急電鉄、空き家対策にリバースモーゲージ 湘南信金などと連携
青山と渋谷にスタートアップ向けオフィス開設 東急不動産
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2018 Jutaku-s.com