住まいのニュース

2018年7月11日

京急電鉄、空き家対策にリバースモーゲージ 湘南信金などと連携

 京浜急行電鉄(東京都港区)はこのほど、湘南信用金庫(神奈川県横須賀市)、日本保証(東京都港区)と連携し、リバースモーゲージを活用した京急沿線の空き家対策を始めた。物件所有者が湘南信金のリバースモーゲージ商品「安心生活」で借り入れた資金を使って、京急グループが提案するリノベーションを実施。その物件を京急電鉄が借り上げて入居者に賃貸する仕組みだ。「安心生活」には日本保証の保証が付く。  3社は今年3月に京急線沿線の地域経済活性化を目的とした業務提携協定を結んでいる。今回の取り組みはそれに基づくもの。 [ 2018年07月11日]
2018年7月11日の他のニュースを見る
クレディセゾン、西日本豪雨義援金「永久不滅ポイント」で受け付け
アルヒ、住宅ローン「ARUHI変動S」の取り扱い8月1日から開始
三浦市でお試し居住プログラム実施 シー・エフ・ネッツ
青山と渋谷にスタートアップ向けオフィス開設 東急不動産
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2018 Jutaku-s.com