住まいのニュース

2018年4月16日

東日本大震災復興写真&スケッチ作品募集 UR都市機構

 都市再生機構(UR都市機構)は4月16日、19年2〜3月開催予定の作品展「東日本大震災 復興の歩みフォト&スケッチ展2018」の作品募集を開始した。国土交通省と復興庁が後援。応募期間は9月17日までで、受賞作品の発表は11月30日。  「復興の歩み」をテーマとして、16年以降に撮影・描画した写真とスケッチを募集する作品展。プロの写真家や画家以外の人なら誰でも応募できる。大賞(商品券10万円相当分)は写真・スケッチ各1点ずつ、優秀賞(同5万円相当分)が5点程度、入賞(同1万円相当分)が15点程度。  詳細はホームページ、https://www.ur-net.go.jp/fukkou-photosketch/contest2018/を参照。 [ 2018年04月16日]
2018年4月16日の他のニュースを見る
流通推進センター、新資格「宅建アソシエイト」を創設
第1四半期の商業用不動産投資額は前年同期比8%増 JLL調べ
iYell、RE/MAX JAPAN向けに住宅ローンデスク提供
4月18、19日に京都で高齢者住宅完成内覧会 ジェイ・エス・ビー
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2018 Jutaku-s.com