住まいのニュース

2018年2月22日

健康経営優良法人に認定 東急コミュニティー

 東急コミュニティーは、経済産業省と日本健康会議が共同で顕彰する「健康経営優良法人2018 大規模法人部門(ホワイト500)」の認定を受けた。従来のスライド勤務制度やノー残業デーに加え、16年度には在宅勤務やテレワーク制度を新設し、従業員の健康維持向上の取り組みが評価された。  同社では17年度下期から新たに「社内マイレージ制度」も導入。健康診断数値の改善や禁煙、マラソン大会への参加などにポイントを付与し、従業員の健康促進活動を後押している。従業員の健康推進が顧客サービスの品質を向上させるという考え方から取り組んでいる。 [ 2018年02月22日]
2018年2月22日の他のニュースを見る
恵比寿で住宅と宿泊・介護・保育の複合施設着工 野村不動産
17年のマンション発売戸数、微増 価格は過去最高に
不動産テックカオスマップ、3月7日に最新版リリース記念セミナー
17年通年の投資額は前年比13%増の4兆1375億円 JLL調べ
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2018 Jutaku-s.com