住まいのニュース

2018年2月20日

1月の首都圏戸建て価格、新築、中古共に大きく上昇 東京カンテイ

 東京カンテイ(https://www.kantei.ne.jp/)によると、1月の新築一戸建て(木造・所有権物件/土地面積100平方メートル以上300平方メートル以下)の平均価格は、首都圏が前月比8.1%上昇の3773万円だった。近畿圏は同0.8%上昇の2901万円、中部圏は同3.8%上昇の3015万円となり、首都圏は大きく上昇、近畿圏は連続上昇した。  中古一戸建ては、首都圏で同12.6%上昇の3430万円、近畿圏は同5.6%上昇の2466万円、中部圏は同5.4%上昇の2219万円となった。首都圏では神奈川県の急上昇(3698万円、前月比20.5%上昇)によって反転し大きく上振れた。近畿圏、中部圏も含め、三大都市圏は上昇。また、福岡県(2195万円、同25.4%上昇)も築年の若返りにより、2カ月連続の上昇となった。 [ 2018年02月20日]
2018年2月20日の他のニュースを見る
大阪・通天閣徒歩圏内にホテル用地取得 アパグループ
2月23〜25日に青森ショールームで移転記念イベント TOTO
ビットコイン決済可の不動産店舗開設 ケリーバックス
インド向けのエアコンで新省エネ基準の5機種を追加 富士通ゼネラル
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2018 Jutaku-s.com