住まいのニュース

2018年2月13日

解体予定物件を収益化 ハプティックが六本木で

 収益物件専門のリフォーム会社であるハプティック(東京都渋谷区、小倉弘之社長)はこのほど、東京都港区六本木で築40年の3階建て賃貸マンションを、ベンチャー企業向けのオフィスにコンバージョンした。得意の無垢材を内装に使ったオフィススペースのほか、オフィス用途には向かない地下フロアは、入居企業が打ち合わせや休憩場所として使えるよう共有ラウンジとした。同建物は、再開発のため3年後には取り壊しが決まっており、その間の収益化策としてオーナーに提案した。「当初は更地にして駐車場として活用する案もあったようだが、より収益の見込める方法として採用された」(同社)。 [ 2018年02月13日]
2018年2月13日の他のニュースを見る
1月中古マンション成約数 再び減少 東日本レインズ
3月に3省連携でZEH等支援事業の合同説明会 全国6都市で
不動産業界の求人・転職情報サイトを開設 シースタイル
秋田市元気な子どものまちづくり企業に認定 レオパレス21
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2018 Jutaku-s.com