住まいのニュース

2017年12月7日

豊島区内物件で初の「東京都子育て支援住宅」認定 西武G

 西武鉄道(埼玉県所沢市、若林久社長)と西武プロパティーズ(同、上野彰久社長)の手掛ける賃貸住宅がこのほど、「東京都子育て支援住宅認定制度」の設計認定を取得した。  認定を受けた物件は、両社が西武鉄道池袋線東長崎駅(東京都豊島区)の南口周辺で、19年の開業を目指して開発を進めている複合施設「(仮称)東長崎駅南口計画」の賃貸住宅部分。同認定は、物件周辺の公園や子育て施設などの有無のほか、共用部分に関する危険防止基準や管理・運営に関する基準などを必要数満たすことで認められるもので、豊島区内の物件が同認定を取得するのは今回が初となる。 [ 2017年12月07日]
2017年12月7日の他のニュースを見る
小田急不動産他 マンションリノベ「リノフィール」新発売
LIFULL、楽天LS、釜石市が空き家の利活用で連携協定を締結
東急田園都市線、「代表的」「住みたい」駅は二子玉川 ライフル調べ
管理業務主任者試験の受験者約1・7万人 マンション管理業協会
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 Jutaku-s.com