住まいのニュース

2017年11月17日

4カ月連続で増加 首都圏10月の賃貸成約 マンションは減少

 アットホームの調査によると、10月の首都圏における居住用賃貸物件成約数は1万7728件で、前年同月比0.6%増となり、わずかながらも4カ月連続でプラスとなった。ただし、アパートは5カ月連続増と好調だったものの、マンションは4カ月ぶりに減少した。エリア別に見ると、東京23区は8094件で同4.9%増、東京都下(1646件、同18.2%増)も増加し、それぞれ5カ月連続増。千葉県(1909件、同2.8%増)も4カ月連続で増加。一方、神奈川県(4343件、同7.5%減)は3カ月ぶりに減少。埼玉県(1736件、同11.1%減)も7カ月連続の減少となり、エリアによる好不調の差が大きかった。新築、中古別成約数の前年比を見ると、マンションは新築が3カ月連続で増加したが、中古は4カ月ぶりに減少。アパートは、新築、中古とも5カ月連続増加となった。  成約物件の戸当りの賃料指数は、マンションは新築が110.7、中古は95.0で共に前月比2カ月連続で上昇。アパートは新築(101.8)が3カ月ぶりに上昇。中古(100.5)は2カ月連続で上昇となった。 [ 2017年11月17日]
2017年11月17日の他のニュースを見る
「今後の動向を注視」 石井国交相がエアビーアンドビーへの立入検査で
リノベ済み住宅「Styles」で水回り設備保証を10年に 阪急不
ハウスマイル 「バーチャル内見」のテレビCM、18日から
外国人入居者など向けに海外送金サービス レオパレス21
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 Jutaku-s.com