住まいのニュース

2017年11月17日

外国人入居者など向けに海外送金サービス レオパレス21

 レオパレス21は11月20日から、海外送金代行サービス「トランスマン」を入居者をはじめとしたステークホルダー向けに提供を開始する。留学生など、増え続ける外国人入居者などの利便性を高めるのが狙い。  同サービスはNVI(東京都中央区)が運営しており、国内送金代行サービスを運営するJPLinks(宮城県仙台市)と業務提携して販売する。この販売先第一号がレオパレス21となる。  同サービスでは従来の4分の1程度の料金、また、4日から5日程度掛かっていた期間を短縮するという。 [ 2017年11月17日]
2017年11月17日の他のニュースを見る
「今後の動向を注視」 石井国交相がエアビーアンドビーへの立入検査で
リノベ済み住宅「Styles」で水回り設備保証を10年に 阪急不
4カ月連続で増加 首都圏10月の賃貸成約 マンションは減少
ハウスマイル 「バーチャル内見」のテレビCM、18日から
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 Jutaku-s.com