住まいのニュース

2017年11月14日

住宅売却前に12.5%の予定者がリフォーム スマイスター調べ

 不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するシースタイルは11月14日、「住宅リフォームの日」(11月18日、日本記念日協会認定)に合わせ、「スマイスター」を利用した住宅売却予定の成人男女全国144人を対象に「売却予定住宅のリフォーム」に関する調査を実施した。  住宅売却前のリフォームでは、「リフォームしない」が63.9%と最も多く、「検討中」が23.6%、「リフォームした」が8.3%、「リフォームする予定」が4.2%。アンケート全体の12.5%が売却前に住宅をリフォームする結果となった。  リフォーム予算・費用について、最も多かった回答では「50万円以上100万円未満」が28.8%、続いて「50万円未満」が17.3%と、約半数が100万円未満に抑えたい意向を示した。  リフォームしたい場所(複数回答)では、1位が「バスルーム」で42.3%、2位が「キッチン」で40.4%、3位が「壁」で36.5%となった。 調査期間は17年10月18日〜11月9日。調査手法はインターネット調査(任意でアンケートに回答)。 [ 2017年11月14日]
2017年11月14日の他のニュースを見る
野村不動産 「プラウド浦和東仲町ガーデン」第1期即日完売
海外投資家所有の同社賃貸管理戸数が前年比2倍 東急住宅リース
耐震木造住宅「MJウッド」に50周年記念の新シリーズ ミサワH
三井不動産他 アイススケートアカデミーを開催
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 Jutaku-s.com