住まいのニュース

2017年10月12日

「地盤マップ」で指定緊急避難場所を確認可能に JHS

 戸建て住宅の地盤調査・建物検査を手掛けるジャパンホームシールド(東京都墨田区、斉藤武司社長)はこのほど、地盤・防災情報ウェブサービス「地盤サポートマップ」に、災害種別ごとの指定緊急避難場所の位置を地図上で確認できる新機能を追加した。  指定緊急避難場所は地震や津波、洪水、大規模な火事、火山現象など、災害の種別に応じて行政が指定する避難場所。今回の機能追加により、同サービスでは地盤や防災、生活情報を閲覧できるほか、実際の災害が発生した際にその種別に応じた避難場所を確認するための情報ツールとしても利用することも可能となった。 [ 2017年10月12日]
2017年10月12日の他のニュースを見る
新日鉄興和不動産 「赤坂インターシティAIR」イルミネーション点灯
東急不動産 茶屋町B-2地区市街地再開発事業の協定書を締結
伊藤忠都市、八丁堀に分譲95戸
エンプラス子会社化で海外人事異動サポートを強化 レオパレス21
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 Jutaku-s.com