住まいのニュース

2017年8月9日

「今が買い時」が減少 野村不アーバン調査

 野村不動産アーバンネットが7月20日〜26日に行った住宅購入に関する意識調査によると、「不動産は買い時」と回答した人は41.1%となり、前回調査と比べて3.5ポイント減少した。一方、買い時だと思わない」と回答した人は37.6%で前回調査から6.4ポイント増加した。「買い時」と思う理由は、「住宅ローンの金利が低水準」が70.7%とトップで、ほかは「消費税の引き上げが予定されている」、「住宅ローンの金利が上がると思われる」だった。  また、今後の不動産価格について「下がると思う」と回答した人は34.4%で7.1ポイント増。「上がると思う」との回答は、22.9%で0.3ポイント減となった。 [ 2017年08月09日]
2017年8月9日の他のニュースを見る
タイで現地企業と合弁会社設立、分譲住宅事業に着手 東急電鉄
部屋探しを冒険に見立てた新CM放映開始 CHINTAI
女性のイメージ「不動産業者は高収入」 スマイスター調べ
IT接客で税理士個別相談サービスを開始 大京穴吹不
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 Jutaku-s.com