住まいのニュース

2017年4月21日

分譲取得世帯で中古との比較検討が増加傾向 国交省調べ

 国土交通省は4月19日、16年度の住宅市場動向調査の結果を発表した。それによると、分譲マンション取得世帯が住宅取得にあたり比較検討した住宅は78・8%が同じ「分譲マンション」だった。15年度は85・7%で、前年度比で6・9%減少した。次いで、31・8%が「中古マンション」との比較検討で、15年度の24・7%から同7・1%増加している。12年度からは13・2%の上昇となる。 [ 2017年04月21日]
2017年4月21日の他のニュースを見る
フラット35の1〜3月実績発表 住宅金融支援機構
RC造建物向け不燃湿式外断熱システムを販売 バークス環境
基本料金0円の「G-Callでんき」提供開始 ジーエーピー 
円満相続遺言支援士制度を創設 全国相続協会
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 Jutaku-s.com