住まいのニュース

2017年4月21日

円満相続遺言支援士制度を創設 全国相続協会

 全国相続協会は、相続知識や相続争い予防法などの知識の修得を目的として、実務者向けの資格制度「円満相続遺言支援士」を創設した。同制度の創設により、保険業や不動産業、金融業に携わる人がユーザーを円満に相続に導く知識やノウハウを共有し、資格取得者が地域のオピニオンリーダーとして相続に関わる健全な社会の構築に役立つ情報を提供していく。  17年度に3000人の資格取得者を輩出したい考え。受験はウェブ上で行う。受験料は2万1600円(税込み)。60問中、45問の正解で合格とする。 [ 2017年04月21日]
2017年4月21日の他のニュースを見る
フラット35の1〜3月実績発表 住宅金融支援機構
分譲取得世帯で中古との比較検討が増加傾向 国交省調べ
RC造建物向け不燃湿式外断熱システムを販売 バークス環境
基本料金0円の「G-Callでんき」提供開始 ジーエーピー 
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 Jutaku-s.com