住まいのニュース

2007年10月31日

9月住宅着工、過去最低水準で低迷

 国土交通省によると、9月の新設住宅着工戸数は6万3,018戸(前年同月比44.0%減)となった。前年同月比で史上最大の下げ幅となった8月(6万3,076戸)と比べ0.7ポイント更に悪化しており、深刻な低迷が続いている。

 マンションの着工の落ち込みがひどく、全体では前年同月比で75%減(5,328戸)となっており、三大都市圏では同80%の減少となった。

 例えば埼玉県では、マンションの着工が通常の月で1,000戸から2,000戸あるが、8月は107戸で、9月はわずか52戸しかなかった。

 国交省によると、建築基準法の改正で必要になったピアチェック(専門家による構造計算の再計算)の申請件数は、6月が1件、7月が66件、8月が390件、9月が830件で順調に伸びている。これによる確認件数も増加しており、申請件数の減少傾向にも歯止めがかかってきていることから、マンションの着工は徐々に回復に向かうもとのみられている。

[住宅新報社 2007年10月31日]
2007年10月31日の他のニュースを見る
ニチアス、不正に大臣認定取得 国交省
ワンルーム利回り低下で投資価値減 東京カンテイ
資産家・富裕層対象のコンサルティング窓口を千代田区・番町に開設 三井不動産販売
リフォーム現場でゼロエミッション達成 積水ハウス
賃貸マンションの退去時に専門スタッフが立会い 長谷工ライブネット
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 Jutaku-s.com