住まいのニュース

2007年9月28日

8月、半数の県でマンション着工ゼロ 国交省調査

 国土交通省の発表によると、8月の新設住宅着工戸数は6万3,076戸で、前年同月比43%と大幅に減少した。66年以来の最低の数値となった。季節年率換算値も73万戸と極めて低い水準だった。

 特にマンションの減少が大きく、前年同月比で63%減少し7,069戸となっている。都道府県別にみると、約半数の21県で8月はマンションの着工が全くなかった。

 6月20日に施行された改正建築基準法で、建築確認などが厳格化された影響が続いているとみられている。7月から影響が現れ始め、8月は更に悪化した状態になった。

 総計でみると、5月は約10万戸、6月は駆け込み需要があり12万戸、7月は8万戸と変動してきた。

 ただ、1カ月ほどの先行指標である建築確認件数は、8月は上昇に転じていることから、国交省では、今後住宅着工は回復に向かいつつあるとみている。

[住宅新報社 2007年09月28日]
2007年9月28日の他のニュースを見る
2,308億円超で虎ノ門パストラルを落札 森トラスト・ダヴィンチ
イーキュービックと業務提携 大和ハウス工業
高齢者の不動産管理セミナー開催 不動産女性会議
利便性の高いエリアで注目のマンション 棟内モデルルームオープン 東急不動産
<注目!>週末からの主なイベント一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 Jutaku-s.com