実例で紹介!住宅購入の諸費用(新築マンション編)

気になる住宅購入の諸費用を実例よりご紹介いたします。ローン商品の組合せや、火災保険などの見積りによる費用の内訳を詳しく説明いたします。

【プロフィール】千葉県船橋市で新築マンション購入(平成18年)のA様の諸費用実例:専有面積63.04平米

     
【物件購入内訳】  
本体価格 2360万円
諸費用計 124万6008円
購入価格合計 2484万6008円
【資金内容詳細】  
自己資金 134万6608円
住宅ローン 2350万円
総額 2484万6008円
【諸費用内訳】  
仲介手数料 0円
印紙代(売買契約書) 2万円
表示登記 5万5650円
所有権保存登記※1 6万2400円
抵当権設定登記 5万3375円
その他登記費用 1万0043円
管理費及び修繕積立金
(3か月分)
6万3720円
修繕積立基金 20万5200円
火災保険
(保険期間35年・建物評価1000万円)
6万8730円


★ポイント★
売主不動産会社より購入のため、仲介手数料はかかりません。

住宅ローン商品組合せ例:
住宅金融公庫(フラット35)を併用のケース
・フラット35借入額:1880万円
(物件価格の80%までが借り入れ上限)
・その他銀行ローン:480万円
フラット35手数料 3万1500円
団体生命保険(年額)※4 5万2828円
印紙代(フラット35) 2万円
事務手数料 3万1500円
銀行ローン保証料 9万8933円
銀行ローン手数料 3万1500円
印紙代(銀行) 2万円
28万6261円
銀行ローンと公庫との組合せにより
67万7675円→28万6261円になります。

★ポイント★
銀行ローンと住宅金融公庫での違いは保証料(銀行ローン)と団体生命保険(住宅金融公庫)の扱いです。共にローン借入れ本人が死亡の際等にローン残高を一括返済する保険です。保証料は一括払い、団体生命保険はローン残高に合わせて毎年支払うため、諸費用金額に違いが出てきます。
銀行ローン保証料※2 60万5175円
銀行ローン事務手数料 5万2500円
印紙代(ローン契約書) 2万円
(銀行ローン諸経費計 67万7675円
固定資産税清算※3 2万9215円
諸費用計 124万6008円

※1 登記費用内訳:ご主人の単独所有、銀行ローン1件(共有名義・ローン組合せなどにより費用が変わります)
※2 借入れ金額、ローン期間、金融機関による審査状況により変わります
※3 固定資産税の清算:1月1日を起算日として決済日(引渡し日)にて清算をいたします
※4 借り入れ残額に合わせ毎年支払います
   
住宅購入の諸費用は、組み方により金額が大きく異なります。ローン商品・火災保険商品も多くあり、それぞれに特徴があります。
ご検討の際は、様々な金融機関や保険商品から比較検討してみてください。

新築一戸建ての購入諸費用実例紹介はこちら