大成有楽不ら、長崎市新庁舎管理業務を受託

大成有楽不動産は、長崎市の公募型プロポーザルで決定した「長崎市新庁舎包括管理業務委託」に関する契約を締結した。築60年以上が経過していた旧庁舎の建て替えとなる「長崎市新庁舎」(地上19階地下1階建て、11月末竣工予定、12月管理開始予定)の施設管理業務について、同社を代表企業とし、トラスティ建物管理(長崎県長崎市、中本幸人社長)、長崎綜合警備(長崎県長崎市、冨野官社長)の3社による共同事業体にて受託。全国で公共施設の維持管理の実績とノウハウを持つ同社と、地域事情に精通している長崎市内の地元企業2社と連携し、地域密着型の施設管理を実現する。
[ 2022年08月12日]

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 Jutaku-s.com All Rights Reserved.
  1. goo住宅・不動産
  2. 住まいのニュース
  3. 大成有楽不ら、長崎市新庁舎管理業務を受託

お役立ち情報