「置き配」でセイノーHDと協働を開始 ビットキー

ビットキー(東京都中央区)は、物流業のセイノーホールディングスのグループ会社LOCCO(東京都中央区)と、荷物の再配達を防ぐ「置き配」に関して協働を始めた。ビットキーが提供するスマートロック「bitlock GATE」が共用部の集合エントランスに設置されたオートロック付きマンションを対象に、玄関前まで荷物を届ける「置き配」のサービスを開始した。

再配達を防ぐことで、配送車両が排出する二酸化炭素を削減して環境に対する負荷や、配送員の業務負担を軽減する。これらに加えて、荷物の注文主である入居者の満足度を向上させることができ、不動産オーナーの資産価値の向上にも期待できる。

両社では当面、東京都内の一部エリアで同サービスを提供し、2024年中に対象のマンションを1万棟程度まで拡大させたい考え。なお、ビットキーは、すでにヤマト運輸(東京都中央区)に協力し、同様な「置き配サービス」の提供を一部エリアで始めている。
[ 2022年08月10日]

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 Jutaku-s.com All Rights Reserved.
  1. goo住宅・不動産
  2. 住まいのニュース
  3. 「置き配」でセイノーHDと協働を開始 ビットキー

お役立ち情報