CO2削減目標13年度比75%減に上方修正、積水ハウス

積水ハウスは、2030年までに事業活動で排出するCO2排出量の削減目標を従来計画の50%から75%に上方修正する。

同社は08年、50年までに住まいのライフサイクルCO2排出ゼロを目指す「2050年ビジョン」を宣言。事業活動全体を通じ、再生可能エネルギーの利用を含め、CO2排出削減に向け、様々な方策に取り組んでいる。

目標達成への指標として、30年までに事業が直接排出するCO2と電力など間接的に排出するCO2の排出量を13年度比で50%の削減を目指していたが、21年に46・6%削減を達成したことから、目標を上方修正し、世界の気温上昇を産業革命前と比べ1・5℃以内に抑える目標との整合を図った。

目標達成に向け、30年までに業務用車両の100%電動化を目指すほか、活動拠点として新築する建築物の原則ZEB化などを積極的に進めていく方針だ。
[ 2022年05月27日]

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 Jutaku-s.com All Rights Reserved.
  1. goo住宅・不動産
  2. 住まいのニュース
  3. CO2削減目標13年度比75%減に上方修正、積水ハウス
  • ☆GPS端末で転居後の見守り 新しい街での不安を解消 【goo of things いまここ】 ☆離れて暮らす家族を1日約20円で見守り 【goo of things でんきゅう】