野村不HD、本社を25年に芝浦へ移転

野村不動産ホールディングスは、グループ各社の本社(を、25年2月に竣工を予定している、大規模複合開発「芝浦プロジェクト」(東京都港区芝浦一丁目)のS棟に移転することを決定した。本社移転に伴い、都心で空・海・緑を感じながら、自らその日の働き方をデザインする、同社が提唱する新たな働き方「TOKYO WORKation(トウキョウ ワーケーション)」を実現する。本社移転に先駆け、22年10月から同プロジェクト敷地内に位置する「浜松町ビルディング(S棟竣工後に建て替えを予定)に移転後のワークスタイルを見据えたモデルオフィスを開設。より効果的な環境構築や働き方を検証する。

本社移転プロジェクトでは、?ウェルビーイング(社員一人ひとりが生き生きと充実した人生を過ごし、活力を持ち合わせられる環境)、?エンゲージメントハブ(社員が自然にグループビジョンを理解・体感できる環境)、?ダイバーシティ&インクルージョン(出社時の社員同士のつながりの質を高め、多様な社員が積極的に協同し、知恵を出しあう仕組みを備えた環境)の3つの実現を目指す。
[ 2022年05月23日]

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 Jutaku-s.com All Rights Reserved.
  1. goo住宅・不動産
  2. 住まいのニュース
  3. 野村不HD、本社を25年に芝浦へ移転
  • ☆GPS端末で転居後の見守り 新しい街での不安を解消 【goo of things いまここ】 ☆離れて暮らす家族を1日約20円で見守り 【goo of things でんきゅう】