付保実績が23.9%増 「リ・バース60」7月〜9月 住金機構

 住宅金融支援機構は11月26日、60歳以上を対象にした住宅融資保険活用のリバースモーゲージ型住宅ローン「リ・バース60」の7月〜9月分の利用実績を発表した。
 付保実績戸数は前年同期比23.9%増の295戸、付保実績金額は同24.4%増の39億2000万円を計上した。取扱金融機関は同7機関増の75機関。
 申込者属性(平均)は年齢が70歳、年収は374万円。年金受給者が57.3%、会社員が22.1%を占める。資金使途は注文住宅(28.2%)、新築マンション(23.5%)、戸建てリフォーム(21.8%)、借り換え(19.7%)、中古マンション(3.2%)の順。
 資金計画(平均)は所要額が2698万円、融資額が1501万円、毎月返済額が3万3000円。ノンリコース型が99.3%を占める。
[ 2021年11月29日]

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 Jutaku-s.com All Rights Reserved.
  1. goo住宅・不動産
  2. 住まいのニュース
  3. 付保実績が23.9%増 「リ・バース60」7月〜9月 住金機構
  • ☆GPS端末で転居後の見守り 新しい街での不安を解消 【goo of things いまここ】初月費用無料! ☆離れて暮らす家族を1日約20円で見守り 【goo of things でんきゅう】初月費用無料!