三井不、中国・上海で海外初「ららぽーと」が全体開業

 三井不動産は、上海井橋商業管理有限公司(100%出資で設立したプロジェクト会社)を通じて運営する、中国上海におけるリージョナル型ショッピングセンター「三井ショッピングパーク ららぽーと上海金橋」を10月20日に全体開業した。海外で初の「ららぽーと」。4月28日から店舗が順次開業し、約170店舗が出揃った。同日は全体開業を記念して開業式典が執り行われた。  「ららぽーと上海金橋」は、実物大フリーダムガンダム立像をはじめとした、「体験」を軸とした時間消費型コンテンツを充実。ファッションやデイリーユースに便利な店舗から飲食店舗まで取り揃えた。VIP用個室も設けたシネマコンプレックス「SFC上影影城」、上海初進出となるLDHグループの総合エンタテインメントスクール「EXPG ENTERTAINMENT」、焼肉・寿司・日本の郷土料理など幅広い日本の飲食店を集積した飲食ゾーン「旨味町」などをオープンした。 [ 2021年10月21日]

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2021 Jutaku-s.com All Rights Reserved.
  1. goo住宅・不動産
  2. 住まいのニュース
  3. 三井不、中国・上海で海外初「ららぽーと」が全体開業