JSB、高齢者住宅にプライバシーに配慮した見守り機器を導入

 ジェイ・エス・ビーと高齢者住宅の運営管理を行うグループ会社であるグランユニライフケアサービスは10月20日、運営する高齢者住宅2棟で、「高性能レーダー技術を用いた24時間見守り機器テラス」の導入を始めたと発表した。レーダーによる確認のためプライバシーを確保しながら、非対面・非接触で入居者の安否確認や、心拍・呼吸・在室・歩行・睡眠等のデータを収集管理できるという。 [ 2021年10月21日]

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2021 Jutaku-s.com All Rights Reserved.
  1. goo住宅・不動産
  2. 住まいのニュース
  3. JSB、高齢者住宅にプライバシーに配慮した見守り機器を導入