引越し費用 複数の引越し業者で見積もりしよう

引越し手続き
完全マニュアル

引越し料金

新しい住まいに移るには「引越し」という重大な作業が欠かせません。ところがこの引越し費用、なかなかバカにならないもの。少しでもコストダウンさせるためには、まずは引越しの費用やその内容についてきちんと学んでおくことが大切です。

見積もりは複数の業者に!

おおよそのプランニングができたら、いよいよ見積もりを開始します。見積もりは、原則として無料なので、複数の業者に同条件で内容を提示し、見積もりを取りましょう。一括見積ができるサイトを利用すれば手軽に素早く比較検討ができますよ。

業者を選択する際のコツ
見積もりをお願いする際は、CMなどでおなじみの業者にまず目がいきがちですが、引越し業者は想像している以上にたくさんあります。イメージや知名度だけで選ばず、「有名な会社」「口コミで評判がよかった」「地域密着型」「周辺でよく見かける」など、各業者の特色別に何社かをピックアップするとよいでしょう。
必ず複数の業者に依頼
似たようなプランを利用しても、業者によって見積り額は異なります。見積もりの前には、「お願いしたいこと」をピックアップし、同じ条件で数社に見積もりをとりましょう。また、「お願いしたいこと」がまだ定まっていない場合は、いくつかパターンを考えて複数の見積もりを取ることも可能です。少なくとも3社以上、できれば5社は見積もりを取ることをおすすめします。
証拠を残す
業者とやりとりしたメールなどは必ずプリントアウトして残しておきましょう。電話でやりとりした場合は「言った、言わない」のトラブルを避けるためにも相手の名前を必ず聞き、日時と名前をメモに残しておきます。
見積もりが出そろったら価格交渉を
業者から提示された見積もり額が、そのまま「引越し費用」になるわけではありません。見積もり後の価格交渉こそが引越し費用を安くする最大のポイント!依頼した見積もりがすべて出そろったら、一番安かった業者を2?3社選び、それぞれに対して交渉をスタートさせます。「A社は○円だったのですが…」「この部分は自分でできるので安くなりませんか」など、業者間の差額と内容を細かくチェックして交渉しましょう。こうすることにより業者間の競争が生まれ、当初の見積り額よりも安く契約できることがあります。
▼最大10社に一括見積りを依頼▼
現住所の郵便番号 - 郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人 人 子供 ヘルプ

※『ズバット引越し無料一括見積もりサービス』における個人情報の取り扱いに関しましては、株式会社ウェブクルーのサービス利用規約をご覧ください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 株式会社ウェブクルー All Rights Reserved.
提供元