引越し費用 引越しする時期と曜日

引越し手続き
完全マニュアル

引越し料金

新しい住まいに移るには「引越し」という重大な作業が欠かせません。ところがこの引越し費用、なかなかバカにならないもの。少しでもコストダウンさせるためには、まずは引越しの費用やその内容についてきちんと学んでおくことが大切です。

引越しする時期&曜日に注目!

引越しの料金は、時期や曜日、時間帯によってかなりの差が生じます。少しだけ時期や時間をずらすだけでも大幅なコストダウンが可能に。割高になる時期や曜日を正しく知り、早め早めにスケジュールを立てましょう。

もっともお得なのは、平日の昼間
仕事が休みの日に引越しを、と考えがちですが、日曜日や祝祭日は引越しが集中するため、その分料金も高くなります。また、深夜?早朝の時間帯にも、割増料金がかかります。どの程度高くなるかは業者によって異なりますが、目安としては、日曜祝祭日が+2割、深夜・早朝(午後10時?午前5時)が+3割となることが多いようです。
となると、「平日の昼間」に引越しを行うことが、金額的にはもっともお得、だと言えそうです。
3、4、8、10月はなるべく避けて
引越し数が多いのは、3、4、8、10月。とくに3月?4月は引越しが集中します。この期間は、業者にとってもかき入れ時となるため、繁忙期の割増料金が設定されていることが多いもの。そのうえ土日祝日となると、さらに割増料金がプラスとなり、通常料金と比較すると、かなり高額になってしまいます。
転勤や新生活のスタートと重なるため、どうしてもこの時期にしか動けない、という場合は仕方がありませんが、できればこの時期の引越しは避けたいものです。

繁忙期にしか引越しできない時は

  • ・少なくとも金・土・日・祝日は避ける(割増料金の加算は最小限に抑える)
  • ・引越しの時期がある程度わかっている場合は、早めに複数の業者さんに見積もりを取って比較検討を。(繁忙期は見積もり依頼も集中するため、早めの行動がカギに!)
仏滅がねらい目!
新しいことをスタートする際、できるだけ仏滅は避けたい、と思ってしまうことが多いもの。引越しも同様で、仏滅の日はその数がめっきり減り、繁忙期ですら「仏滅なら空いている」ということも少なくありません。また、仏滅に引越しを依頼すると、業者によっては値引き交渉に応じてくれるところも。見積もりの際には、ダメもとで「仏滅なので割引はできませんか」と交渉してみるのもひとつの手です。
▼最大10社に一括見積りを依頼▼
現住所の郵便番号 - 郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人 人 子供 ヘルプ

※『ズバット引越し無料一括見積もりサービス』における個人情報の取り扱いに関しましては、株式会社ウェブクルーのサービス利用規約をご覧ください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 株式会社ウェブクルー All Rights Reserved.
提供元