引越し費用 料金のからくり(計算方法)

引越し手続き
完全マニュアル

引越し料金

新しい住まいに移るには「引越し」という重大な作業が欠かせません。ところがこの引越し費用、なかなかバカにならないもの。少しでもコストダウンさせるためには、まずは引越しの費用やその内容についてきちんと学んでおくことが大切です。

引越し料金のカラクリを学ぼう!

さて、次に知っておきたいのが「引越し料金のカラクリ」です。なぜこのような料金になるのかを知っておけば、コストダウンできるポイントも見えてきますし、業者からの見積もりが出ても、内容について冷静に判断できるようになります。

【引越し料金の計算方法】
引越し料金は、基本的に下記の計算式によって総額を計算します。

引っ越し料金 = 1.基本運賃 + 2.割増料金 + 3.実費 + 4.オプションサービス料

では、それぞれの項目の内容について学んでみましょう。

1.基本運賃とは
基本運賃は、引っ越し費用を算出するうえで必ず含まれる部分。荷物の量・距離・時間で決まり、距離と時間に関しては、「時間制運賃」または「距離制運賃」によって算出されます。いずれも法律によって基準が定められているため、法外な差が生じることはありません。
ただし、これはあくまでも基準であり、すべての業者で統一されている料金ではありません。業者は基本運賃の上下10%の料金幅で料金を決めることができるため、業者によって20%ほどの格差が生じる場合があります。
時間制運賃
引越しの距離が100㎞以内の場合に適用。トラックを使用した時間で運賃が決められます。トラックを使った時間とは、トラックが指定場所へ到着した時から、作業終了後に車庫に帰った時点までの時間のことで、4時間制と8時間制、8時間以上の3段階になっています。
距離制運賃
引越しの距離が100km以上の場合に適用。トラックで走った距離によって運賃が決められ、最短となる経路の距離で計算されます。(荷主が経路を指定することも可能)
2.割増料金とは
休日割増・深夜早朝割増。北海道や東北地方は、冬季割増が加算される場合も。
3.実費とは
荷造りの料金、荷物の積み込み、積み降ろし、作業員の人件費などがここに入ります。
4.オプションサービスとは
ピアノ運搬、エアコン、テレビアンテナの取り外し&取り付け、清掃・不用品処理など。最近は、すべての作業を含んだおまかせパック(全部おまかせタイプ)をすすめる業者が増えていますが、どの程度のオプションが含まれているかは業者によって異なりますので注意が必要です。

業者によって差が生じるのはココ!

2.割増料金」、「3.実費」、「4.オプションサービス」の3つに関しては、業者によって金額・内容ともにばらつきがあります。
比較検討する際は、この3つの差額をチェックして!

▼最大10社に一括見積りを依頼▼
現住所の郵便番号 - 郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人 人 子供 ヘルプ

※『ズバット引越し無料一括見積もりサービス』における個人情報の取り扱いに関しましては、株式会社ウェブクルーのサービス利用規約をご覧ください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 株式会社ウェブクルー All Rights Reserved.
提供元