引越し準備・スケジュール 当日

引越し手続き
完全マニュアル

引越しのスケジュール

新しい住まいに入居する日が決まったら、まっさきにやることは引っ越し業者の手配や転居手続きでしょう。まだ何カ月も先だからとのんびりしていると、間際になって慌てることになることも。引越しの解説とチェックリストを利用して引越しの流れを把握しましょう。

業者が到着する前までにやっておくこと

全部おまかせタイプを利用した場合、梱包などもすべてプロのスタッフがやってくれますが、当日まで使用した寝具などを手早くまとめて、手持ち品や貴重品が荷物に紛れ込まないように区別しておきましょう。
「当日までに何をすべきか」については、プランの内容に合わせて事前に業者と打ち合わせをしますので、不明点は明確にしておきます。相手はプロなので、的確に指示を出してくれるはず。遠慮なく質問しましょう。

当日、業者が到着するまでにチェックしておくこと

  • ・貴重品はひとまとめになっているか
  • ・引越し先の家具配置図はできているか
  • ・段ボールに、荷物の中身とどこに置くかが明記されているか
  • ・冷蔵庫は空になっているか、水抜きができているか

業者が到着したら

必ずひとりは責任者として現場に残り、指示を出す、もしくは業者の質問に答えられるようにしておきます。作業中、曖昧な指示を出してしまうと、それだけ作業が滞ってしまいますし、トラブルの原因にもなりますから、明確に答えられる人が現場に残ることが大切です。
荷物の運び出し、トラックへの積み込みは引っ越し業者の作業員にまかせて、荷物の個数や積み残しがないかを確認します。また、電気・ガス・水道・電話料金の精算を(当日が普通)。

搬出が終わったら、掃除と全体チェックも忘れずに
荷物の搬出が終わったら掃除をします。また、ベランダなどに観葉植物、ごみ、植木鉢などが残っていないかどうかもチェックします。
あとは、貸し主人の立会いのもと部屋の明渡し、鍵の返却をします。

新居に到着

余裕を持って現地へ向かい、管理員や隣近所に簡単にあいさつを行います。
新居には、まず大きな家具や家電を入れます。大型の荷物の配置などは、事前に間取り図に指定した用紙を渡しておくとスムーズにいくでしょう。
そのあとで段ボールに詰めた荷物を搬入します。ひとつの部屋にまとめて段ボールを置かず、実際に荷物を置く部屋に直接搬入しておけば荷解きもスムーズに。

ライフラインを確保
電気・ガス・水道は引越しした当日から使用します。事前に手続きをすませておきましょう。
すぐに必要なものはひとまとめに
トイレットペーパーやごみ袋は、新居で作業中にも必要。すぐに使えるように準備しておきましょう。
片づけは一気にやろう
新居に入ったら、片づけはできるだけ早めに終わらせてしまいましょう。「これは後回しでも大丈夫」と考えていると、いつまでたっても片付きません。
家電製品は早めに接続を
テレビや冷蔵庫、照明器具、パソコンなどはすぐに使用できるようにしておくと安心。早めに設置し、接続しましょう。
カーテンの設置も早めに
意外と見落としがちなのがカーテン。夜になってから慌てないように、カーテンは早めにつけておきましょう。
紛失物がないかどうかをチェック
荷物の搬入が終わったら、足りないものがないかどうかを必ずチェックします。段ボールにあらかじめ通し番号を記入しておけば、確認も楽。荷物の中身の名称で管理するよりも、番号でチェックしたほうがスムーズにすすみます。
大事なものや壊れ物は荷を解いて損傷や異常がないかをチェックを実施します。必要に応じて、作業員に保証などの手続きを確認しておくといいでしょう。
コンビニの場所をチェック
新居近くのコンビニの場所を把握しておくと、買い出しに行く際にとても便利。
手続きを済ませましょう
引っ越し料金を支払い、ガス、水道、電気の開栓となりますが、ガスのみは自分一人では行えません。ガス会社の係員の立会いが必要ですので、注意が必要です!電気はブレーカーをONにしてハガキを投函すればOK。
▼最大10社に一括見積りを依頼▼
現住所の郵便番号 - 郵便番号を調べる
引越し先の都道府県
引越しされる人数 大人 人 子供 ヘルプ

※『ズバット引越し無料一括見積もりサービス』における個人情報の取り扱いに関しましては、株式会社ウェブクルーのサービス利用規約をご覧ください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 株式会社ウェブクルー All Rights Reserved.
提供元